スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルヴィス映画見直し Who Are You (Who Am I) by Elvis Presley(映画『スピードウェイ』より その5)

2010-02-14

曲名
Who Are You (Who Am I)(フー・アー・ユー(フー・アム・アイ))
アーティスト
エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)
収録アルバム
『スピードウェイ』サウンドトラック(Speedway OST)
作曲者
メル・グレイザー、スティーヴン・シュラックス(Mel Glazer, Stephen Schlaks)
リリース年
1968年


この『スピードウェイ』シリーズの2回目で、二種類の録音メンバーを列挙しました。そのうちのいっぽうに名前があがっている人たちについて、ハリウッドかナッシュヴィルかの区別をつけましたが、なかにはどちらかわからない人もいました。

それが、たまたま、友人に教えてあげようと、Add More Music50ギターズ・ページを見ていて、このプロジェクトには、タイニー・ティンブレルのクレジットもあることを知りました。50ギターズはもちろんハリウッドのプロジェクトなので、タイニー・ティンブレルもハリウッドのギター・プレイヤーと判明しました(サンクス>センセ)。これで『スピードウェイ』のクレジットにあるプレイヤーのうち、8人はAFMローカル47所属のハリウッド勢という勘定になりました。


☆ Your Time Hasn't Come Yet, Baby ☆


さて、今日は『スピードウェイ』収録のバラッドを二曲いきます。

エルヴィスは、クラブでホットドッグを盗んでいる女の子(というか学齢前の幼児)を見つけ、代金を払ってやり、彼女のあとを追って駐車場に行きます。すると、ボロのステーション・ワゴンで暮らしている父と少女たち(みな幼児!)がいて、彼女は妹たちのために、クラブでホットドッグを盗んでいたことが判明します。

little girls

それから数日後、エルヴィスは新しいステーション・ワゴンに、いろいろな贈り物を載せて、ふたたびこの駐車場にやってきて、貧しい一家に車ごとプレゼントします。その場面で、長女が、あなたと結婚したい、といい、それに答えるかたちで、「まだきみの時はやってきていないんだよ、もっとたくさんの夢を見なければね」と歌うのが、このYour Time Hasn't Come Yet, Babyです。



とくに大騒ぎしなければならないほどのものでもありませんが、嫌味のない、あっさりした味わいは買えます。エルヴィスの映画挿入曲のバラッドは、こういうさっぱりした味のものが多くてけっこうだと思います。


little girls

☆ Who Are You (Who Am I) ☆


ナンシー・シナトラ査察官のおかげで、エルヴィスとマネージャーは税務署に呼び出され、マネージャーが馬に注ぎ込んだせいで、とてつもない額の税金を滞納していたことが判明します。このマネージャーがどこにも取り柄のない人間で、幼馴染だというだけの理由で、エルヴィスがこの友人を見捨てないところが、観客には納得がいかず、このあたりもシナリオが弱いと感じます。

いや、映画の出来はさておき、音楽のほうです。この税務署の待合室のシーンで流れるHe's Your Uncle Not Your Dadは、圧倒的なマーチング・ドラム(ハル・ブレインだろう)はおおいに魅力的ですが、楽曲としてはどうということはなく、ミュージカル映画によくある、場面に合わせたフィラーにすぎません。

滞納金の納付のために、一度は貧しい一家に与えたステーション・ワゴンを差し押さえられてしまい、エルヴィスは怒り狂って、ナンシー・シナトラ査察官の止宿するホテルに出かけていき、そこまでやるか、おまえは、と怒りをぶちまけるのですが、それが口説きに化けてしまい、そこで歌うのがWho Are You (Who Am I)というバラッド。



いやあ、なかなかけっこうな曲、けっこうなヴォーカル・レンディション、けっこうなサウンドですな。バラッドは斯くありたいものです。軽く、あっさり、さっぱり、さわやかに、です。よけいなエモーションには尻がむずむずします。シンガーの感情移入は最低限にしないと、リスナーは感情移入できなくなり、ひとりで勝手にやってろ、バーカ、という気分になってしまいます。その気になっているシンガーを聞くほど馬鹿馬鹿しいことはありません。さすがはエルヴィス、バラッドの歌い方は心得たものです。

elvisi and nancy sinatra

イントロでフィーチャーされているギターが気になります。ハリウッドでスパニッシュ・ギターが必要になったら、九分九厘トミー・テデスコが呼ばれるものと決まっているのですが、この曲はどうでしょうか。

ほかの材料を無視して、純粋にギターのサウンドとピッキングを聴くなら、一小節でたちどころに、「ああ、またトミーだ」と思います。いや、そうとはかぎらないか、と思うのは、聴き終わって、ほかの材料を検討する段階にいたってからのことです。

elvisi and nancy sinatra

ドラムがハル・ブレインに思えない、ということが否定材料です。サイドスティックのプレイは判断しにくいのですが、ほんとうにうまい人というのは、プレイがどうこういうまえに、サイドスティックのときのリムの鳴り方自体がすばらしくきれいで、惚れ惚れするサウンドをつくるものです。ハル・ブレインやジム・ゴードンは、サイドスティックできれいな澄んだサウンドをつくります。

しかし、この曲のサイドスティック・サウンドは、にごっているし、速いパッセージで微妙に遅れています。ハル・ブレインがこういうもたつき方をするだろうかと、疑問を感じます。

tommy tedesco with spanish guitar

また、ギターのプレイ自体も、みごとではあるものの、この程度ならナッシュヴィルのプレイヤーにもハンドル可能で、トミー・テデスコ以外にこんなことのできる人がいるとは思えない、というほどの圧倒的なプレイではないということも、トミーと断定するのをためらわせる材料のひとつです。

しかし、ドラムに対する疑問を振り払うなら、やはりトミー・テデスコのプレイといっていいでしょう。なかなか気持のよいプレイです。



『スピードウェイ』DVD

スピードウェイ [DVD]
スピードウェイ [DVD]
posted with amazlet at 10.02.03
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007-08-10)
売り上げランキング: 108762


Elvis Presley "Speedway" OST(2オン1)
Easy Come, Easy Go/Speedway
Easy Come, Easy Go/Speedway
posted with amazlet at 10.02.03
Elvis Presley
Sonybmg (1997-06-28)
売り上げランキング: 98850
スポンサーサイト

テーマ : 60年代の輪郭
ジャンル : 映画

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

songsformovies

Author:songsformovies
黄金光音堂へようこそ!

counter
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。