スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルヴィス映画見直し You Can't Say No in Acapulco by Elvis Presley(映画『アカプルコの海』より その5)

2010-01-30

曲名
ユー・キャント・セイ・ノー・イン・アカプルコ(You Can't Say No in Acapulco)
アーティスト
エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)
収録アルバム
『アカプルコの海』サウンドトラック(Fun in Acapulco OST)
作曲者
ドロシー・フラー、リー・モリス(Dorothy Fuller, Lee Morris)
リリース年
1963年


エルヴィス・プレスリーは、少年マネージャーの紹介でホテルに勤めることになったということは、すでにこれまでの記事に書きました。同じホテルにアーシュラ・アンドレスが勤めていて、ライフガードと余興の高飛び込みをやっている男とつきあっていますが、ここにエルヴィスが割り込んでいって、既述の女闘牛士もからんで、話は典型的なパターンでもつれていくことになります。

前回は女闘牛士の歌をとりあげたので、今回はアーシュラ・アンドレスの歌です。タイトルの「マルグェリータ」は、カクテルではなく、アーシュラ・アンドレスの役名です。

Marguerita


この曲もやはりベースが精確なのが目立ちます。このサウンドトラック盤のなかでは、もっともメキシコ的色彩の強いサウンドかもしれません。


☆ ユー・キャント・セイ・ノー・イン・アカプルコ ☆


この物語でのエルヴィスは空中ブランコの事故によるトラウマを抱えていて、それを克服しようとホテルのプールの飛び込み台に上りはするものの、飛び込む決心は付きません。恋のライヴァルであるホテルのライフガードがそのことに気づき、恋のさや当てに利用するというルーティンも、当然ながら盛り込まれることになります。

そういうあれこれは、エンディングでみな解決されるのがこの種の映画の常道ですが、そのあたりを細かく書くのはやめておきます。かわりに、終盤近くに登場する、この映画でもっとも好ましいロッカ・バラッドをどうぞ。

You Can't Say No in Acapulco


『アカプルコの海』の海の挿入曲のなかでは、わたしはこのYou Can't Say No in Acapulcoがいちばん好きです。メキシコ風の曲がよくできていることが、このOST盤の質を高めていることはたしかですが、こういう「いつものエルヴィス」らしい曲もぜったいに必要ですし、その出来が、Bossa Nova Babyにしても、I Think I'm Gonna Like It Hereにしても、ハズレがないことも、このOST盤の魅力です。

エルヴィスがスターになったのは、Jailhouse Rockや、Hound Dogといったビートの強い曲のインパクトによってであることはまちがいありませんが、その裏側でもうひとつ彼がポップ・ミュージックの世界にもたらしたものがあると思います。「糖度低めのバラッドのシンギング・スタイル」です。Are You Lonesome Tonight?あたりだと、そのへんはかならずしも明瞭には感じられませんが、このYou Can't Say No in Acapulcoのように、ミディアム・バラッドになると、まさに甘さ抑えめのバラッドの歌い方の見本といえます。なんとも涼しげで、さわやかで、文句なしです。楽曲も、とくにコード進行が面白く、ちょっとコピーしてみたくなります。


terrace

terrace

terrace

terrace
キャメラをどこに置くかといった撮影の都合もあるだろうが、おそらくは主としてエルヴィスの都合で、崖につくられたレストランを、セットで再現した。ここでGuadalajaraとMargueritaの二曲を歌う。

terrace
レストランから見える入江。ここでダイヴィングのショウがおこなわれる。アカプルコの町が熱海なら、ここは伊東の城ヶ崎海岸といったおもむき。伊東観光協会の城ヶ崎紹介ページを見てみる

☆ グランド・フィナーレ ☆


エルヴィス映画のひとつのパターンといっていいと思いますが、万事めでたく落着したあとで、カーテン・コールのように登場人物が揃っているところでもう一曲うたって幕となる映画がたくさんあります。『アカプルコの海』でも、大騒ぎのフィナーレが用意されています。

その曲の「グァダラハラ」というタイトルを辞書で引くと「メキシコ中西部のハリスコ州の州都」とあります。アカプルコがあるのはグェレーロ州なので、そういうつながりではなく、なにかべつのことかもしれませんが、この曲の歌詞は全編スペイン語なので、どういう意味かはわかりません。

Guadalajara


☆ スコア3種 ☆


映画から切り出したスコアが残っているので、まとめて貼りつけておきます。聴き直して、つまらなかったら省略するつもりだったのですが、三曲とも出来がよく、すべて「イキ」にしました。

Still Partners


No Dive Today


Mariachi


いやまったく、スコアも上々の出来、挿入曲はみな平均点以上で、ダメな曲は皆無、Fun in Acapulco、Bossa Nova Baby、You Can't Say No in Acapulco、I Think I'm Gonna Like It Hereのように、口ずさみたくなる佳曲が目白押しとくるわけで、こんなにいい曲が揃った音楽映画などそうそうお目にかかれるものではありません。このシリーズの冒頭で、『アカプルコの海』はエルヴィス映画の代表作のひとつであるとした所以です。

end


DVD

アカプルコの海 [DVD]
アカプルコの海 [DVD]
posted with amazlet at 10.01.18
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2008-06-20)
売り上げランキング: 118566


OST 2オン1
It Happened at the World's Fair/Fun in Acapulco
Elvis Presley
RCA (1997-06-28)
売り上げランキング: 145759


OST extended UK version
Fun in Acapulco
Fun in Acapulco
posted with amazlet at 10.01.18
Elvis Presley
Follow Dream (2004-07-20)
売り上げランキング: 449224
スポンサーサイト

テーマ : 60年代の輪郭
ジャンル : 映画

最新記事
プロフィール

songsformovies

Author:songsformovies
黄金光音堂へようこそ!

counter
RSSリンクの表示
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。