スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 レス・ポール その2 It's Been a Long Time by Bing Crosby with Les Paul

2009-08-16

曲名
イッツ・ビーン・ア・ロング・タイム(It's Been a Long Time)
アーティスト
ビング・クロスビー・ウィズ・レス・ポール(Bing Crosby with Les Paul)
収録アルバム
レス・ポール『ザ・コンプリート・デッカ・トリオズ・プラス』(The Complete Decca Trios - Plus (1936-1947)
作曲者
サミー・カーン、ジュール・スタイン(Sammy Cahn, Jule Styne)
リリース年
1945年
The Complete Decca Trios - Plus


わたしが最初に聴いたレス・ポールは、戦後のキャピトルのカタログで、そのあとで戦前の録音へとさかのぼりました。現代のレス・ポール・ファンのマジョリティーは、こういう道をたどっているのではないでしょうか。

いまではThe Complete Decca Trios - Plus (1936-1947)という2枚組が出ていて、ごく初期から戦後、Loverで革命時代に突入する直前までのレス・ポールのプレイを簡単に通覧することができます。

このセットのディスク1の冒頭数曲は、デッカのブラック・シンガー、ジョージア・ホワイトの歌伴です。こうしたトラックはどれも、ギターが出てきた瞬間、だれでもすぐに感じるほど、ジャンゴ・ラインハルトの影響が濃厚です。

十代のころはジーン・オートリーが好きで、彼のショウでステージにあがってギターを弾いたというほどで、レス・ポールのルーツはヒルビリーなのです。じっさい、アコースティック・ギターとホルダーにつけたハーモニカだけで、自分で歌って(!)録音した、Deep Elem Bluesなんていう曲も収録されています。

youg les paul

レス・ポールがジーン・オートリーのファンで、自分でヒルビリーを「歌って」いた、というのは、やや意外ではありますが、いっぽうで、なるほど、それでわかった、とも思います。

マイルズ・デイヴィスがかつてレスターに会ったとき、どうしたらヒットが手に入るんだ、俺は死ぬほどヒットがほしい、といったそうです。レスターは「メロディーをプレイするんだ。彼らのためにプレイするのさ」とこたえたそうです。

これが戦前にスタートしたプレイヤーの基本的な考え方でしょう。落語が芸術になったらおしまいなように、ジャズも娯楽音楽でありつづけるべきだったのです。レスターも、あるいは、バディー・リッチあたりも、戦後のモダン・ジャズのプレイヤーとはまったく違う世界に生きていました。芸人と芸術家の違い、といっては単純化しすぎの誹りを免れませんが、そういうニュアンスです。

レスターのそういう思考回路は、やはりヒルビリーが好きで、ジーン・オートリーにあこがれた、という少年時代と無関係ではないでしょう。こういう「ポップ指向」が、彼の歩みを決定したような気がします。いや、わたしがいおうとしているのは、彼のすべて、という意味です。サウンド、プレイ・スタイル、技術開発、選曲、アレンジ、つまり、ミュージシャンおよび録音技術革新者としてのあり方のあらゆる側面を決定したのです。

☆ エレクトリック・ギターの艶 ☆


マイルズ・デイヴィスの問いかけに、レスターがどう答えたにせよ、これはその人の全存在にかかわることなので、質問も無意味、回答も無意味です。レス・ポールは、本質的に、楽しいことだけをやりたくて、生涯、そのことだけを考えたのだろうと想像します。楽しい音楽を、楽しいサウンドで、楽しくやり、そして、リスナーのうれしそうな反応を楽しんだのです。芸術的志など、一度ももったことがないにちがいありません。

ジャンゴ・ラインハルトに強い影響を受けたのは、いってみればテクニカルな側面であって、attitudeは本質的に異なります。それが、アコースティックからエレクトリックへと楽器を替えた、根源的な動機ではないかと想像しています。わたし自身、子どものときに感じ、いまもそう思いますが、エレクトリックのほうが、ずっと華やかで、はるかに楽しいのです。レスターは派手好きだったにちがいありません。

アコースティックのプレイではじまったThe Complete Decca Trios - Plusは、11曲目にはエレクトリックによる、テリー・シャンド・オーケストラ(Terry Shand and His Orchestra)の〈シンディー〉(Cindy)になり、以後はずっとエレクトリックです。

エレクトリックのほうがずっとレス・ポールらしいし、ジャンゴ・ラインハルトのコピーキャットを聴く居心地の悪さからも解放されます。ディスク1のトラック13以降に収められた、トリオ時代の録音になると、戦後のレス・ポールにつながる要素があらわれはじめ、聴く側のわれわれの脈拍も速くなります。

les paul trio

ディスク1に収録された、〈ドリーム・ダスト〉(Dream Dust)〈ダーク・アイズ〉(Dark Eyes)〈マイ・ブルー・ヘヴン〉(My Blue Heaven=「わたしの青空」などの邦題もあり)〈ビギン・ザ・ビギン〉(Begin the Beguine)などは、やはり素直に、いいなあ、と感じます。本来的にタイムがよく、それがレス・ポールの盤に共通するグッド・フィーリンを生んでいるのだろうと思います。

☆ 共演者たち ☆


こんな書き方では、2枚のCDに50曲を収めたこのセットの最後にはいつまでたってもたどり着けないので、すこし急ぎます。

みずからのトリオでのプレイももちろん素晴らしいのですが、さまざな歌伴も収録されていて、これがまた、主役たちの歌とレスターのギターがしばしば面白い対比を成し、おおいに楽しむことができます。

なかでも素晴らしいのは、第二次大戦が終結した1945年にチャート・トッパーになった、ビング・クロスビーの〈イッツ・ビーン・ア・ロング・タイム〉(It's Been a Long Time)ではないでしょうか。



もちろん、クロスビーのヒット曲として有名なのですが、レス・ポールのプレイも、ギミックなしなのに、いかにもレスターらしいと感じさせるサウンドとスタイルです。楽曲よし、ビングのレンディションみごと、そして、レスターのギター・プレイも楽しく、文句なしのトラックです。

もう1曲あげておきましょう。レス・ポール・トリオをバックにアンドルーズ・シスターズが歌った〈イッツ・ア・ピティー・トゥ・セイ・グッドナイト〉(It's A Pity To Say Goodnight by the Andrews Sisters with the Les Paul Trio)です。



これまたアンドルーズのヴォーカル・ハーモニーと、レス・ポールのギター・サウンドの対比に味があります。頭からギターのソロではなく、このように、独特のテクスチャーをもつハーモニーのあとにレスターが出て行くと、純粋なインストゥルメンタルとは大きく異なった印象を受けるわけで、そこが歌伴の面白みでしょう。

あと一、二回、レス・ポールの記事をつづけるつもりでいます。次回はDVDか、はたまたべつの編集盤か、いまのところはまだ決めかねています。

The Complete Decca Trios -- Plus (1936-1947)
Les Paul
MCA (1997-11-18)
売り上げランキング: 41897

Les Paul "Decca Complete Trios - Plus (1936-1947)"
01. Les Paul With Georgia White - New Dupree Blues
02. Les Paul With Georgia White - Daddy Let Me Lay it on you
03. Les Paul With Georgia White - I Just Want your Stingaree
04. Les Paul With Georgia White - Black Rider
05. Les Paul With Georgia White - I'll Keep Sittin' on it (If I
06. Les Paul with Georgia White - Trouble in Mind
07. Les Paul As Rhubarb Red - Just Because
08. Les Paul As Rhubarb Red - Just Because Answer
09. Les Paul As Rhubarb Red - Deep Elem Blues #2
10. Les Paul as Rhubarb Red - Deep Elem Blues
11. Les Paul With Terry Shand and His Orchestra - Cindy
12. Les Paul with Terry Shand and his Orchestra - Flipino Hombre
13. Les Paul and his Trio - Dream Dust
14. Les Paul and His Trio - Begin the Beguine (1)
15. Les Paul and His Trio - Dark Eyes
16. Les Paul and His Trio - Blues Skies (1)
17. Les Paul and His Trio - Blues Skies (2)
18. Les Paul and His Trio - Begin the Beguine (2)
19. Les Paul and His Trio - Dream Dust (2)
20. Les Paul and His Trio - Dark Eyes (2)
21. Les Paul with Bing Crosby - It's Been a Long, Long Time
22. Les Paul with Bing Crosby - Whose Dream Are You?
23. Les Paul and His Trio - Hawaiian Paradise
24. Les Paul and His Trio - My Isle of Gloden Dreams
25. Les Paul with Helen Forrest - Spellbound
26. Les Paul with Helen Forrest - Everybody Knew But Me
01. Les Paul with Helen Forrest - Baby, What you Do For For Me
02. Les Paul with Helen Forrest - Everybody Knew But Me
03. Les Paul and His Trio - Song of the Islands
04. Les Paul and His Trio - Sweet Leilani
05. Les Paul and His Trio - Kings Serenade
06. Les Paul and His Triol - To you, Sweetheart, Aloha
07. Les Paul and His Trio - Sweet Hawaiian Moonlight
08. Les Paul and His Trio - Aloha Oe
09. Les Paul with Bing Crosby - Pretending
10. Les Paul with Bing Crosby - Gotta Get Me Somebody to Love
11. Les Paul with Delta Rhythm Boys - One-Sided Affair
13. Les Paul With the Andrews Sisters - Rumors Are Flying
14. Les Paul With the Andrews Sisters - It's a Pity to Say Goodnight
15. Les Paul and His Trio - Steel Guitar Rag
16. Les Paul and His Trio - Guitar Boogie (1)
17. Les Paul and His Trio - Guitar Boogie (2)
18. Les Paul and His Trio - Caravan
19. Les Paul and His Trio - Somebody Loves Me
20. Les Paul With Bing Crosby - Gotta Get Me Somebody to Love
22. Les Paul With Bing Crosby - Drifting and Dreaming (Sweet Paradise)
24. Les Paul with Dick Haymes - My Future Just Passed
12. Les Paul with Delta Rhythm Boys - What Would it Take?
21. Les Paul With Bing Crosby - What Am I Gonna Do About You?
23. Les Paul With Dick Haymes - What Are you Doing For New Years eve?
スポンサーサイト

テーマ : レコーディッド・ミュージックの歴史
ジャンル : 音楽

追悼 レス・ポール How High the Moon by Les Paul and Mary Ford

2009-08-15

曲名
ハウ・ハイ・ザ・ムーン
アーティスト
レス・ポール&メアリー・フォード(Les Paul & Mary Ford)
収録アルバム
『ザ・ベスト・オヴ・ザ・キャピトル・マスターズ』(The Best of the Capitol Masters)
作曲者
ナンシー・ハミルトンおよびモーガン・ルイス(Nancy Hamilton, Morgan Lewis)
リリース年
1951年
les paul and mary ford - the best of the capitol masters


録音技術の大変革者にして、卓越したギター・プレイヤー、そして、ギブソン・レス・ポール・モデル・ギターをデザインしたことでも知られるレス・ポールが没しました。享年九十四。

数年前、60年代にハリウッドで大活躍したスタジオ・プレイヤーに、「レス・ポールが入院した、こんどは危ないかもしれない」というメールをもらって以来、高齢でもあり、遠からずこういう日が来ると覚悟していました。それから考えれば、九十をすぎてからのこの数年は、よくぞ生きたり、と感じるほどです。

88歳のレス・ポール


You are what you soundといいたくなります。年をとっても、あのサウンドはそのままです。ミュージシャンの「人品骨柄」とは、すなわち、その人のつくった音色そのもののことなのでしょう。

☆ スタジオ技術の一大変革者 ☆


レス・ポールがこの世界に貢献したことのうち、もっとも強く深く長い影響力をもったのは、録音技術の変革者として成し遂げた業績の数々です。簡単にいえば、現在、われわれが「レコーディッド・ミュージック」すなわち「録音された音楽」ないしは「スタジオの音楽」と呼んでいるものの大枠は、レス・ポールが徒手空拳で発明したものです。

そのあたりについては、かつてまとめたことがあるので、ご興味のある方は、Add More Music to Your Dayにいらっしゃり、『音楽の都ハリウッド』なる長編の序章「月がどれほど高くても」をご覧いただければと愚考します。レコーディング技術の革命家としてのレス・ポールに焦点を当てた一文です。

また、わたしのブログ、Songs for 4 Seasonsでも、数回にわたってレス・ポールを取り上げていて、このリンクですべてのレス・ポール関係の記事を総覧できます。

わたしがいいたかったことを要約すれば、レス・ポールが「スタジオで操作されたサウンド」というものを発明したことによって、記録された音楽はライヴ・ミュージックとはまったく別個のものになり、「音楽」の意味も永遠に変わったのだということです。

総論としてはすでに書き尽くしているので、今回は、具体的にいくつか盤を検討したいと思います。


☆ 戦後のキャピトル時代 ☆


この人はこういうことをした、といって数行でまとめてしまうのは、えてして自分自身を思考の罠にはめ、他人をミスリードする行為になりがちです。それを思いだして用心しながらいいますが、レス・ポールがもっともすごかったのは、第二次大戦後の数年間、1947年のLoverにはじまる、ヒットの連発と音楽の変革を同時進行でおこなった時期だとわたしは思っています。

この時期の特徴は、なんといっても、可変速ディスク・マシン、ディスクおよびテープ・ディレイ、ソリッド・ボディー・エレクトリック・ギターといった、彼自身が開発したり、改造した(アンペクスのテープ・マシンにヘッドを追加し、ダブル・トラック技術を開発したり、テープ・ディレイ効果も実現した)機材と楽器を駆使した、ライヴでは再現不可能なサウンドです。

ライヴでは再現できないので、テレビではリップ・シンクでやるしかありません。この時期の代表作、すばらしく未来的なギター・プレイが展開されるHow High the Moonのクリップをどうぞ。

How High the Moon


☆ キャピトル時代の編集盤 その1 ☆


わたしだけでなく、多くの人がレス・ポールのピークと見ている時期なので、キャピトル時代の編集盤は何種類もあります。わたしがなじんできたのは、ボックス・セットのハイライトとしてリリースされた、The Best of the Capitol Mastersというアルバムです。

The Best of the Capitol Masters: Selections From The Best of the Capitol Masters: Selections From "The Legend and the Legacy" Box Set
(1992/07/28)
Les Paul & Mary Ford

商品詳細を見る

01. Lover
02. Nola
03. Tennessee Waltz
04. Mockin' Bird Hill
05. How High the Moon
06. The World is Waiting for the Sunrise
07. Whispering
08. Just One More Chance
09. Tiger Rag
10. In the Good Old Summertime
11. Meet Mister Callaghan
12. Lady of Spain
13. My Baby's Comin' Home
14. Bye Bye Blues
15. I'm Sitting on Top of the World
16. Vaya con Dios
17. I Really Don't Want to Know
18. I'm a Fool to Care
19. Whither Thou Goest
20. Hummingbird

いくつかヒット曲が抜けていますが、代表作は収めていますし、ボックスのブックレットから抜粋された、レス・ポール自身による回想とコメントがじつに楽しく、40年代後半から50年代はじめのアメリカの音楽シーンが眼前に彷彿とします。音だけでなく、ライナーまで一体化して盤の価値をはかるなら、このレス・ポール&メアリー・フォードのThe Best of the Capitol Mastersは、依然として価値を失っていないと感じます。

☆ キャピトル時代の編集盤 その2 ☆


The Best of the Capitol Mastersは90年代はじめにリリースされたものなので、その後に何種類か、新しい編集のものが生まれています。これはわたし自身、買ったわけではないので、ライナーが充実しているかどうかはわからないのですが、選曲にかぎっていえば、The Best of the Capitol Mastersより豪華なのは、The Very Best Of Les Paul & Mary FordというCDです。

Very Best Of Les Paul & Mary FordVery Best Of Les Paul & Mary Ford
(1999/12/21)
Les Paul & Mary Ford

商品詳細を見る

01. Brazil
02. Hip-Billy Boogie
03. Caravan
04. Sleep
05. Lady of Spain
06. Lover
07. Man on the Flying Trapeze
08. By the Light of the Silvery Moon
09. What Is This Thing Called Love?
10. Nola
11. South
12. Whispering
13. Tiger Rag
14. Running Wild
15. World Is Waiting for the Sunrise
16. Meet Mister Callaghan
17. Little Rock Getaway
18. Deep in the Blues
19. St. Louis Blues
20. Walkin' and Whistlin' Blues
21. I'm Forever Blowing Bubbles
22. Jazz Me Blues
23. Mockin' Bird Hill
24. Carioca
25. Goofus
26. Josephine
27. Bey Bye Blues
28. Vaya Con Dios (May God Be with You)
29. Jealous
30. How High the Moon

曲数は多いし、価格は安いので、充実したライナーを期待してはいけないでしょうが、30曲は魅力的です。ただ、曲順がランダムなのが気になります。レス・ポールというのは、本質的にイノヴェイティヴな人なので、技術の変化は時代を追って聴いていくほうがいいように思います。まあ、圧縮して、録音順に並べ替えてしまえばすむ話ですが。

似たような編集盤でもっとも新しいのは、九十歳のお祝いにリリースされたThe Best of the Capitol Masters: 90th Birthday Editionというアルバムです。これが出たときは、アーヴィング・バーリンのように百歳まで生きるかと思ったのですがねえ。タイトルが示すように、『ザ・ベスト・オヴ・ザ・キャピトル・マスターズ』の新装盤で、レアなものが追加されているようです。

The Best of the Capitol Masters: 90th Birthday EditionThe Best of the Capitol Masters: 90th Birthday Edition
(2005/05/13)
Les Paul & Mary Ford

商品詳細を見る


01. Dialog & In The Mood - Les Paul & Mary Ford
02. Lover - Les Paul
03. Nola - Les Paul
04. Tennessee Waltz - Les Paul & Mary Ford
05. Mockin' Bird Hill - Les Paul & Mary Ford
06. How High the Moon - Les Paul & Mary Ford
07. The World Is Waiting For the Sunrise - Les Paul & Mary Ford
08. Whispering - Les Paul
09. Just One More Chance - Les Paul & Mary Ford
10. Tiger Rag - Les Paul & Mary Ford
11. In The Good Old Summertime - Les Paul & Mary Ford
12. Meet Mister Callaghan - Les Paul
13. Lady of Spain - Les Paul
14. My Baby's Comin' Home - Les Paul & Mary Ford
15. Bye Bye Blues - Les Paul & Mary Ford
16. I'm Sitting on Top of the World - Les Paul & Mary Ford
17. Vaya Con Dios (May God Be With You) - Les Paul & Mary Ford
18. I Really Don't Want To Know - Les Paul & Mary Ford
19. I'm A Fool To Care - Les Paul & Mary Ford
20. Whither Thou Goest - Les Paul & Mary Ford
21. Hummingbird - Les Paul & Mary Ford
22. Brazil - Les Paul
23. Case of the Missing Les Paulverizer (Medley from Radio Show): Avalon/Hawaiian War Chant/Where or When/I'll See You in My Dreams - Les Paul & Mary Ford

キャピトル時代の編集盤はほかにもありますが、次回(戦前の録音を取り上げる予定)以降で、余裕があったらふれることにして、本日はここまで。

テーマ : レコーディッド・ミュージックの歴史
ジャンル : 音楽

最新記事
プロフィール

songsformovies

Author:songsformovies
黄金光音堂へようこそ!

counter
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。